スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるさ・倦怠感の対処法と予防法

こんにちは(*^_^*)
横浜はお天気がよく、穏やかです☆
みなさんのお住まいの地域はいかがですか?

今日は、前回のだるさ・倦怠感の対処法と予防法を書かせていただきます★


対処法

適度な運動をする

適度な運動は、全身の血行を良くし、心身の疲労感を取り除き、だるさや倦怠感の解消に繋がります。日中に体を動かすことで、適度な疲労が得られ、夜しっかり眠れて生活リズムができるといったメリットもあります。さらに食欲を増進させることで栄養不足の解消にも繋がります。

バランスの良い食事と十分な睡眠をとる

バランスの良い食事と、十分な睡眠はだるさや倦怠感の回復を早めます。1日3食を規則正しく、そして栄養バランスを考えて食べて、なるべく早く寝るように心がけましょう。多忙で睡眠時間を十分にとることができないときは、入浴後に軽いストレッチをしてみましょう。心身がリラックスし、心地良い眠りにつくことができます。

市販の薬を使う

毎日の食事ではとりきれないビタミンやミネラルなどは、ビタミン剤などの市販の薬を服用することで補うことができます。糖質をエネルギーに変える働きを持つビタミンB群を補うと良いでしょう。中でも疲労回復に欠かせないビタミンB1は体に吸収されにくい特徴を持ちます。そのため、体への吸収率を高めたビタミンB1誘導体とされる医薬品をとることがおすすめです。

病院で診察を受ける

持続的で回復しないだるさや倦怠感がある場合には、がんなどの重大な疾患が隠れていることもありますので、医師による診察を受けることをおすすめします。主治医に相談してみましょう。また、人間ドッグなどの健診を受けるのもいいでしょう。


日常生活でできる予防法

規則正しい生活を心がける

不規則な生活、とくに昼夜逆転の生活やストレスは脳の疲労感や自律神経の乱れを引き起こします。忙しくても、朝は決まった時間に起きて朝食を食べ、朝日を浴びるようにすると体がシャキッとするはずです。

十分な休息をとる


疲れを感じたら、まずは、無理せずにゆっくりと休むことが大切です。睡眠時間があまりとれないときも、質の良い睡眠がとれるよう、寝る前に音楽などを聞いてリラックスしたり、自分にあった寝具を選ぶなどの工夫をしましょう。また、寝る前はコーヒーなど、カフェイン入りの飲み物は控えましょう。

ストレスを解消する

スポーツや趣味に没頭するなど、実生活とかけ離れた行為に集中したり、普段の生活圏を離れて自然の中で森林浴をするなど、心身のリフレッシュを図ることで、ストレスを改善することができます。また、悩みや不安があるようなら誰かに相談するなどストレスの元となっていることは早めに解決しましょう。さらに、好みの音楽を聴いたり、ペットを飼うことで暮らしを明るくするといった工夫もストレス解消に効果があります。

栄養バランスのとれた食事をする

食事は、体の構成に欠かせないたんぱく質、エネルギーの源になる炭水化物と脂肪、これらの代謝を調節するビタミン、ミネラルをバランス良くとりましょう。忙しい朝はパンやフルーツ、野菜の入ったスープなどで手軽に、しかし栄養価の高いものを食べ、昼と夜は魚や大豆、玄米などを献立に取り入れるように意識してみましょう。



いかがでしたか?
ご自身で出来ることから少しづつ、習慣にしていきましょう(*^_^*)

お体、ご自愛下さいませ★

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

グローバル薬局

Author:グローバル薬局
グローバル薬局の『健康情報』へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
9425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1965位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。