スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地における「深部静脈血栓症」および「肺塞栓症」の予防について


現在、熊本県を中心に多くの方々が避難生活をされております。
まだがれきの下などで助けを求めている方もいらっしゃいます。

医療関係者の立場として下記に記載させて頂きます。
新潟中越地震や東日本大震災などで「深部静脈血栓症」や「肺塞栓症」を発症された方が多くおりました。
深部静脈血栓症は、簡単に説明しますと同じ体勢を続けていると足のふくらはぎ辺りに血栓(血液の固まり)が出来てしまいます。
エコノミークラス症候群とも呼ばれています。
そのまま放置していますと、突然動いた時などに血栓が肺まで飛んでしまいます。
そうしますと「肺塞栓症」と言う死に至らしめる病気になってしまいます。
それを未然に防ぐために、避難生活時に適度に足を中心に運動をして下さい。
そうしますと血栓ができにくくなります。

下記に詳細および足の運動の仕方など載っております。
ぜひこの投稿をご覧になった方々は、被災地で避難生活をされている方々にメッセージが届くよう拡散をお願い致します。

被災地における「深部静脈血栓症」および「肺塞栓症」の予防について
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

グローバル薬局

Author:グローバル薬局
グローバル薬局の『健康情報』へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
9425位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1965位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。