スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の花粉



花粉症といえば、春。春といえば、花粉症。歳時記には春の季語として、「杉花粉症」が載せられているほどだ。ところが、とある研究所が、首都圏在住の花粉症の男女979人に調査したところ、症状が出る月として9~11月を挙げた人は30.3%もいたという。およそ3割の人が、秋の花粉症に悩まされていることになる。これはいったいどういうことなのだろうか。

風邪と間違いやすい秋の花粉症

花粉症を引き起こすのはスギだけではない。ヒノキ、カモガヤ、カシ、ヒメガマなど、いろいろな植物の花粉が原因になりうる。つまり、花粉症は一年中、気をつけなくてはいけない症状なのです。
とくに、秋は春に次いで症状が出やすい。ブタクサ、ヨモギ、カナムグラに加え、猛暑のために植物の生育が早まった場合は、秋にスギ花粉が飛ぶこともある。春のピークを乗り越えたからといって、ゆめゆめ油断は禁物(-_-;)
もしも、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどがあれば、まずは花粉症を疑ってみましょう。
また、秋の花粉症は、症状が一時的に改善したかと思うと、再び悪化したりします。「なかなか風邪が治らないなぁ」などと感じている場合は、花粉症の可能性も大です。

ただし、秋に飛ぶ花粉は春のスギ花粉と違い、飛散量が少ないうえに、飛散範囲が広くないので、花粉の飛ぶ時期にその植物の生えている場所に近づかないようにしたり、防御や対策をすれば、発症を防ぐことも可能です(*^_^*)


グローバル薬局のお勧めは、初期療法で予防♡

「じゃあ、去年の秋の目のかゆみや鼻のグズグズ、アレは花粉症だったの!?」と思ったあなた。すぐにクリニックや病院を受診しましょう。検査の結果、花粉症と判明したら、早めに薬を処方してもらい、花粉の飛ぶ2週間前くらいから第二世代お薬などを飲めば、症状はぐっと軽くなるはずです♡

お身体、ご自愛下さいませ(^^♡

スポンサーサイト
プロフィール

グローバル薬局

Author:グローバル薬局
グローバル薬局の『健康情報』へようこそ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
5491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
1222位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。